美肌を作る正しいスキンケア
スキンケアなび

スキンケアの基礎,スキンケア方法,化粧品選び方〜美肌にオススメなハーブやお茶も紹介

化粧品に含まれる化学物質と成分
化粧品に含まれる
おもな化学物質の成分について、
ご説明しましょう。

油性原料では、
パラフィン・ベンジルアルコールなど、
敏感肌の人には皮膚を刺激して、
皮膚炎になる可能性があります。

合成界面活性剤には、
トリエタノールアミン・プロピレングリコールなど、
皮膚の細胞を傷つけて、
肝臓障害を引き起こす可能性があります。

防腐剤や殺菌剤には、
安息香酸・エデト酸塩・オキシベンゾン・ソルビン酸・パラベン
などがあります。
環境ホルモン作用があると言われています。

酸化防止剤には、
ジブチルヒドロキシトルエンなど、
発ガン性の疑いがあるとされています。

口紅に使われるタール色素は、
多くのものに発ガン性があるとされています。

合成香料は、
アレルギーの可能性があります。

本来、スキンケアに使うはずの化粧品を使うことによって、
お肌の状態が悪くなったのでは意味がありません。

化粧品を使って、
万が一急にお肌トラブルが生じた場合には、
化粧品メーカーに問い合わせるのもいいでしょう。

症状がおさまらないときは、
皮膚科の診察を受けるようにしましょう。

UP▲

~基礎化粧品の選び方へ
~TOPへ


Copy right(C)
スキンケアなび
All Rights Reserved.