美肌を作る正しいスキンケア
スキンケアなび

スキンケアの基礎,スキンケア方法,化粧品選び方〜美肌にオススメなハーブやお茶も紹介

成長ホルモンとお肌の関係
成長ホルモンは、人の成長を促すホルモンで、
その血中濃度は、13〜17歳頃にピークでを迎え、
20歳以上で減少します。

25歳以上になると急激に減少して、
さらにストレスがたまると、
成長ホルモンの分泌が一気に低下します。

お肌の表面は、
おもにタンパク質から形成されています。

成長ホルモンには、
タンパク質の合成促進作用があるので、
ホルモンの分泌が減少して、
この作用が著しく低下します。

それによって、お肌のキメが荒くなり、
肌荒れなどのお肌トラブルの原因になります。

成長ホルモンは、
内蔵脂肪を分解する働きがあります。

加齢とともに成長ホルモンが減少すると、
内臓脂肪もつきやすくなります。

身体の余分な脂肪で、
ボディラインが崩れやすくなります。

それとともに、
フェースラインもたるみやすくなるので、要注意です。

UP▲

~ストレスとお肌の関係へ
~TOPへ


Copy right(C)
スキンケアなび
All Rights Reserved.